ジェナ・デューワン、娘エヴリーの出産後数週間、元恋人チャニング・テイタムに「会えなかった」と語る

海外セレブ

また、2児の母である彼女は、2013年に娘のエヴリーを出産した後、「産後の不安が大きかった」と明かしています。

channing-tatum-jenna-dewan-2.jpg
Jason LaVeris/FilmMagic

ジェナ・デューアンは、親になった当初の苦労を打ち明けています

「ステップ・アップ」の女優である40歳の彼女は、月曜日に放送されたディア・メディアのポッドキャスト「ディア・ギャビー」に出演し、2013年に娘のエヴリーちゃん(8歳)を出産した後の数週間は、元夫のチャニング・テイタムと離れていることの難しさについて語った。

出産後、婚約者のスティーブ・カジーとの間に生後16カ月の息子カラム・マイケル・レベルをもうけているデューアンは、当時生まれたばかりの子どもと一緒に仕事や旅行を続けたという。しかし、テイタムは、仕事のスケジュールの関係で、しばらくの間会えなかったとのことです。

「私は娘と一緒に旅行しなければなりませんでしたが、当時、チャンはほとんどの場合、私たちと一緒にいられませんでした。」

Jenna Dewan
CREDIT: JENNA DEWAN/INSTAGRAM

「私は娘を常にセットに入れていました。本当に大変だったわ」と2児の母は付け加えました。

また、当時は「産後の不安が大きかった」とも語っています。

「絶え間なく続けていました。夜中に何度か起きて、一日中お世話をしていました」と彼女は振り返ります。「母乳で育てて、ポンプで搾乳して、パートナーもいなくて、とにかくクレイジーだったわ。」

第2子の出産については、「とても地に足がついていた」と振り返っています。

「世界が狂っていても、私は家にいて、この愛の巣にいて、それは違っていました」と、コロナウイルスの大流行の中、カジーと一緒にカルム君を育てたことを語っています。

デューアンとテイタムは、2009年から2019年までの10年間、離婚前に結婚していました。カジーとは2018年から交際し、2020年2月に婚約しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました