DaBabyがLollapaloozaへの参加を直前になって取りやめました(舞台上でのホモフォビックな発言の影響で)

ゴシップ

「Lollapaloozaは、多様性、包括性、尊敬、そして愛に基づいて設立されました」と音楽祭は声明を出し、DaBabyが日曜日のラインナップから外されたことを発表しました。

Rapper DaBaby
DaBaby
| CREDIT: PRINCE WILLIAMS/WIREIMAGE

DaBabyは、先週マイアミで開催されたRolling Loud 2021フェスティバルで、誤った情報に基づいた同性愛嫌悪の暴言を吐いてしまい、その結果に直面し続けています。

グラミー賞に6回ノミネートされたその29歳の彼は、Lollapaloozaから追放され、音楽祭は直前になって彼の日曜日のヘッドライナーとしての出演がキャンセルされたことを発表しました。「ロラパルーザは、多様性、包括性、尊敬、そして愛に基づいて設立されました。」とTwitterに書いています。

「それを踏まえて、DaBabyは今夜Grant Parkでのパフォーマンスを中止します」と続けています。「Young Thugは9:00pmにBud Light Seltzer Stageで、G Herboは4:00pmにT-Mobile Stageでパフォーマンスを行うことになりました。」と代替措置について書いています。

【関連】:デュア・リパ、DaBabyのホモフォビックな発言に「恐怖を覚える」「私はLGBTQコミュニティに100%寄り添っている」とコメント | ブレテン.com (buleten.com)

DaBaby社の担当者は、コメント要請にすぐには応じませんでした。

彼は以前、同じ理由でBoohooManとのパートナーシップを解消しています。BoohooMANは、「同性愛嫌悪の言葉を使用したことを非難し、DaBabyとはもう仕事をしないことを確認しました」と声明を出しています。

DaBabyは、Rolling LoudのセットでHIV/AIDSやLGBTQコミュニティについて無知な発言をしたことで、音楽業界の他の人たちからも非難の声が上がっています。

ダベイビーは先週末、フロリダの観客に向かって、「もしお前が今日、HIVやAIDS、あるいは2〜3週間で死ぬような性感染症にかかっていなかったら、携帯電話のライト付けて掲げてくれ」と言いました。「女性の皆、もしあなたの〇〇〇が水のような匂いがしなかったら、携帯電話のライトを付けて掲げてくれ。お前たち、もしよく駐車場でフ〇ラしていなかったら携帯のライトを付けて掲げてくれ。」

【関連】:マドンナ、DaBabyのHIVに関する「憎しみに満ちた」誤った情報に基づく発言を非難、「真実を知ってほしい」 | ブレテン.com (buleten.com)

Blame It on Babyのアーティストは、ツイッターで一時的に反響を鎮めようとしました。「エイズやHIVの影響を受けたことのある人はみんな、動揺する権利があるんだ。だから謝ります。」と書きました。「でも、LGBTコミュニティは……俺は君たちに突っかかったりしない。」

次のツイートでこう付け加えました。「また、黒人ラッパーの文化への影響力を利用して利益を得ようとするブランド、ネットワーク、アーティストに対しては、その文化の中で俺たちが役割を果たす事に理解はないし、我慢もする気はない」と続けてツイートしています。「同じ人間の俺たち黒人のためにも次回までに君のお金をとっておいてくれ。」 #GodBless”

DaBabyは、最近公開された “Giving What It’s Supposed To Give “のミュージックビデオの中で、奇妙なHIV/AIDSの解説を続けています。“B, we like AIDS, I’m on your ass, we on your ass, b, we won’t go ‘way “とトラックの中でラップしながら、”AIDS “と書かれた看板を掲げているのがよくわかります。

ビデオはタイトルカードで締めくくられていますが、その中で彼は、自分が同性愛嫌悪的な意見を表明する自由と、LGBTQコミュニティが存在する自由を同一視するよう、視聴者に懇願しているようです。「憎しみには憎しみで対抗しないでください」と虹色の文字で書かれています。「あなたがあなたであることの自由を望むのと同じように、私が私であることを謝罪します。」

これに対し、エルトン・ジョンは、HIV/AIDSに関する誤った情報を否定し、他のミュージシャンが責任を持って自分のプラットフォームを使用することを求めました。「最近のDaBabyのライブでHIVに関する誤った情報や同性愛嫌悪の発言があったことを知り、ショックを受けています」と74歳のジョンは投稿し、エルトン・ジョン・エイズ基金の事実を紹介しています。「これは偏見と差別を助長するものであり、エイズの蔓延と戦うために世界が必要としているものとは正反対です。」

マドンナも事実をもとにDaBabyの物議を醸す発言に対抗しました。マダムXのアーティストである62歳のマドンナは、「HIV/AIDSについてLGBTQ+のコミュニティに憎しみを込めた発言をするのであれば、事実を知るべきだ。」と書いています。

「何十年にもわたって行われてきた科学的研究の結果、HIVに感染して生まれた子どもたちや、輸血、汚い針、体液の交換などでHIVに感染した人たちにも、命を救う薬が提供されるようになりました。」と続けました。「この新しいARVは、エイズ患者を一生生かすことができるのです。AID’s は、人ごみの中で誰かの隣に立っていても感染しません。私は携帯電話のライターを上にして、あなたの無知を祈りたい!もうエイズで2、3週間で死ぬ人はいない。神様ありがとう。」とマドンナは続けました。

DaBabyは、今年の初めにJoJo Siwaについての疑わしい歌詞を撤回しなければならなかったこともあり、物議を醸すことに慣れています。また、昨年の夏に彼女の足を撃ったとされるTory Lanezとのコラボレーションをきっかけに、Megan Thee Stallionから非難を受けました。レーンズは、ローリング・ラウドでDaBabyと一緒に、彼らのトラック “SKAT “を披露しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました